2019年08月02日

国語・読解力が大切なわけ2

前回のブログからしばらく時間が空いてしまいました。

ある時、国語の点数と主要5教科の点数の相関グラフを作りました。
そうすると見事に右上がりの直線上のグラフになりました。
つまり、国語ができるほど5教科の点数もいいという結果です。
ある生徒10人程度のデータですから、
これがすべてというわけではありません。

国語力が大切だと考えてから様々な国語の教材を試しました。
小学生レベルから高校生入門レベルまでにつながるものがなかなかありませんでした。
やっとたどりついたのが、「論理エンジン」という教材です。
平均的な高校生がこれを使って学習すると偏差値50を超えることができます。
しかし、小学校レベルの国語につまづいている場合にはなかなか伸びないようです。
語彙力が少ないことと簡単な文の要約が苦手であることが原因のようです。

そこで、これを補うため、または小・中学生でも取り組める教材が必要ということに
なりました。
posted by nakaura at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年07月11日

国語・読解力が大切なわけ

大学を卒業して30年間ほど、「教える」ということに携わって来ました。
どれくらいしっかりと教えられたかわかりませんが、
10数年前から疑問を持つようになりました。

なぜ、同じように教えても理解のしやすさが違うのか。
たくさんの要因があってこれとは決められませんが、
一つの答えが見えまて来たのが、10年前のことです。
たまたま、隣町の標津町の図書館で見つけた本。
「本当の国語力」という直井明子さんが書いた本でした。
国語という教科は、私が教えている教科ではなかったので、
教え方もわからなく、学校任せにしていました。
しかし、この本を読むと国語の大切さがわかりました。
特に小学生の時に国語の力が付いているかどうかが中学以降の
学習に大きな影響があるのです。

この本を読んでから国語の指導を始めたのですが、
国語と学力には大きな関係があると実感するようになりました。
国語力・読解力の違いが理解力につながっているようです。
続きは、次のブログで書きます。
posted by nakaura at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年07月03日

中標津高校 学級減 2021年度から

先月4日に北海道教育委員会が公表した公立校配置計画案によると
2021年度から中標津高校の商業科と事務情報科が統合されて
総合ビジネス科になります。

これまで、中標津高校は、
普通科4クラス、商業科1クラス、事務情報科1クラスでしたので、
全体として学年6クラスから1クラス減って、5クラスになります。
1クラス40人ですから、
全体として募集人数が40人減ることになります。

学習指導の面から考えても、生徒の生活のしやすさから考えても、
1クラス30人程度にして
募集人数は減らさないほうがいいと思いますが、
教育に予算を十分に取れない今の日本では
1クラス30人が実現されるのはまだまだ遠い未来のことなのでしょう。
posted by nakaura at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

北海道公立高校入試 裁量問題廃止

道立高校の入試で採用されていた裁量問題が2022年度の入試からなくなることになりました。
裁量問題とは、標準問題の国語、数学、英語の問題の一部を差し替えて解答するものです。
特に進学校では、標準問題では点差がつかないので合否の判定が難しいということを理由に
2009年3月の高校入試から裁量問題が出題されるようになっていました。
裁量問題は基礎的な問題を応用問題に置き換えて解くものです。
釧路管内、根室管内の高校では釧路湖陵、釧路江南、根室高校が採用しています。

2022年度入試からはすべて同じ問題を解答することになります。
これは、2020年度から始まる新学習指導要領に伴うもので、
2021年度入試から始まる大学入学共通テストによって
試験の内容が大きく変わるということは、これまで何回か書いて来た通りです。
高校入試もそれに合わせて、思考力重視の内容へと変わります。

変更点は、試験時間が45分から60分へ、
点数が60点満点から100点満点へと変わります。
思考力重視ということですから、
文章や資料を読み取る問題が多くなることが考えられます。
posted by nakaura at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年05月23日

10年後の地域の未来 人口の減少

この2〜3年、人手不足が深刻化しています。
根室管内の地域も全国と同様に人手不足で、新聞折込や広告に「求人広告」が
毎週のように入って来ます。

一般的には景気が良いように思われているかもしれませんが、
これは人口減少の問題と大きく関わっていると考えられます。
人口の減少ととに労働人口が減っています。
少子化によって、18歳人口が減っていますから、
新卒として労働者となる高校の卒業生や大学の卒業生が減少しています。
つまり、新しく供給される労働者が減っているのです。
さらに、非正規雇用社員の増加により、賃金が低く抑えられていることで、
より良い条件の職を求めて、労働者が移動しているのです。

また、北海道の中では札幌に人口が集中し、地方の都市や町は急激に
人口が減少しています。
中標津町でも平成24年をピークに人口は減少に転じました。
人口が減るということは、消費が減ることにつながります。
消費が減るということは地域の産業が衰退することにつながります。
現在の人手不足は、地域の産業の衰退によって180度変わってしまうかもしれません。
5年後には働く場所が少なくなってしまうことも考えられます。

人口の減少を抑えるためには、町から転出する若者の数を抑えることと
子育てしやすい、そして住みやすい町にして
多くの人が転入して来るような魅力あるまちづくりが必要です。
posted by nakaura at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年04月18日

北海道アクションプラン3

当塾に通っている生徒の話を聞くと、
次第に部活の休養日が増えていることを感じます。
以前よりも、部活動の時間が少なくなったという例もあります。

これまで長時間の活動をしてきた生徒さんや教員の方には
なかなかなじまないかもしれません。
練習時間が少なくなると不安になるのも当然だと思います。

しかし、勉強もスポーツや音楽なども、長時間やれば上達するとは限りません。
スポーツならば長時間の練習によって怪我をするリスクも高くなります。
勉強も長時間続けてやりすぎると、脳が飽きてきますので効率が悪くなります。

効率だけが重要だというわけではありませんが、
無理のないように進めることが必要です。

人生100年の時代です。
長い時間をかけて、ゆっくりと成長していくことが求められる時代と
なってきたのではないでしょうか?
posted by nakaura at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年04月14日

北海道アクションプラン2

北海道アクションプランの今年度の目標は昨年度から少し変わっています。

1.部活動の活動時間
  昨年度 平日2〜3時間 → 今年度 平日 長くても2時間程度、休業日 3時間程度
2.部活動の休養日
  昨年度 週に1日以上  → 今年度 週2日以上を休養日とする(平日1日以上、土日1日以上)
   大会等で休日に活動した場合は、他の日に代替えの休養日を設ける

これは4月からの完全実施が求められています。
このようになると、教員も生徒も生活にゆとりができて、
授業にも部活動にも健康的に参加できるのではないでしょうか。
教員の方達も休養を取ることができるようになります。

子どもたちも、家庭学習の時間が確保されます。
posted by nakaura at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

北海道アクションプラン1

昨年から、「学校における働き方改革『北海道アクション・プラン』」というのが
スタートしました。

これは、文部科学省や厚生労働省の方針に沿って北海道教育委員会が3年間で進める
学校の教員の勤務時間軽減の政策です。
教員の1週間あたりの勤務時間を60時間以内に抑えようとするものです。

具体的な内容は、
1.部活動の休養日を設ける。
2.部活動の活動時間の短縮。
3.学校閉庁日を設ける。
というものです。

昨年度は
1.毎週1日以上休養日を実施。月に1日以上土日祝日を休養日にする。
2.部活動の活動時間は、平日2〜3時間程度、土日は半日程度とする。
3.年末年始6日間、夏期休業期間は3日間は完全に休養日とする。
となっていました。

部活動の休養日は、教員のためにも生徒のためにも絶対必要で、
ゆとりをもった活動をすることができます。
長時間の練習はケガや事故につながりますので、とても重要なことです。
教員の教科指導の準備の時間確保にとって必要なことです。

昨年度は、どれくらい達成できたのでしょうか?
posted by nakaura at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年03月30日

なぜ、地域の高校の倍率が低下しているのか。

根室管内の高校入試では、最近10年間ほど1.0倍を切っています。
しかも、驚いたのは釧路一の進学校である釧路湖陵高校の普通科が定員割れしたことです。

記憶にまちがいがなければ、釧路湖陵高校の定員割れは平成に入ってからは初めてです。
(まちがっていたらすみません。ご指摘ください。)

例えば、中標津から釧路や札幌の進学校に進む中3生は一定数います。
少子化と管外への進学によって、町内の高校は定員割れとなっています。
釧路や札幌の進学校で教育を受けることで、大学へ入学しやすくなるでしょう。

しかし、この数年、中標津の高校からも北海道大学や東京の有名私立に合格している生徒がいます。
北大は3年連続合格者が出ました。この3〜4年間では法政大学や明治大学、青山学院大学にも合格しています。
中浦教室からもたくさん国公立大学に合格していますし、
なかには筑波大学へ入学して、さらに東京大学大学院へ進学した生徒もいます。

つまり、地元の高校から国公立大学に進学することは可能だということです。
それなのに地元の高校への進学が増えない。
それはなぜでしょうか?
ひとことで言えば、「地元の高校に進学したくない。」ということなのでしょう。
「入学したい」と思えない生徒が増えているということでしょう。
いったいなぜ?
posted by nakaura at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年03月22日

卒業生と話して

札幌の看護学校へ進学した卒業生が塾を訪ねてくれました。

今は看護学校で学んでいるのが、とにかく楽しいということを話してくれました。
前回来てくれた時にも言っていたのですが、看護学校の先生がやさしく教えてくれる
ということです。
もちろん、中には大変なこともあるのですが、それも含めて楽しいというのです。

話を深めていくと、高校までの勉強が、納得いかないままやらされている感覚を
持っていたということのようです。
「これはわかるよね。」「簡単だよね。」
という言葉は、わかる生徒にとっては、「うんうん、そうです。」なのですが、
わからない生徒にとっては、よくわからないのにわかったふりを装ってしまう
ことを強いられてしまうことがあります。

私も教える仕事をしていると、つい一方的に教え込もうとしがちです。
学習する人がいて、その人が主体なのだからその人がやりたいと思えることが
一番大切なのです。
話を聞いていて、「うんうんそうだよね。」と相槌を打ちながら、
本当に自分も気をつけなければいけないと、改めて考えせられました。

塾の生徒との向き合い方をもう一度見直してみなければなりません。
posted by nakaura at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年03月15日

目的と手段

学校教育の目的のひとつは学力をつけることでしょう。
この20年ほどの間に日本の学力が下がった・上がったということが話題になっています。
PISAの学力テストで2006年ころに日本の順位が下がった時には「ゆとり教育が原因である」
とされてきました。

その後、学力を上げようと日本中の学校で取り組み始めたように思います。
しかし、私が塾で教えている中で感じているのは、学校から生徒に出される課題の量が
非常に多くなっていることです。
課題を出す。→テストをする。この量が多すぎると感じています。

学校で習ったことを定着させるために家で復習することは必要です。
そのためにある程度の課題を出すことが必要であるということには賛成です。
しかし、それがいつの間にかどんどん増えていって、学力を定着させることを目的とするのではなく、
課題を出して、子どもが課題をこなすことそのものが目的になっているように思います。

最近の学校の課題(宿題)には解答・解説が一緒に渡されることが多いです。
つまり、自分で解いた後に自分で解答することになっているのです。
わかる子はいいのですが、わからない子にとっては、解答を見ることでわかったように思い込んで
しまう子もいます。

わからないところを何らかの形でフォローできればいいのですが、
課題をやらせるだけになってしまっているように思えてなりません。
posted by nakaura at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年03月11日

勉強する子どもになる過程

周りの大人の反応を見て、勉強する子どもとそうでない子どもになっていく
と言えるでしょう。
もちろん、自分でおもしろさや必要性に気づいて、勉強するようになっていく子どももいます。
もっと他に興味を持つものと出会って勉強はしなくなるかもしれません。

周りの大人、特に親や先生から受ける影響は大きいものです。
ほめてあげたり、がんばってることを認めてあげたりすることで
勉強を好きになっていく子どもが多いのです。
本来子どもが持っている興味を伸ばしてあげるのは周りの大人です。

勉強を好きになれば、もっとやるようになりますし、
やって伸びれば、さらに好きになるということでしょう。

「あなたは、〇〇は向いていない。」
「あなたは、〇〇をやった方がいい。」
「あなたは、〇〇に向いている。」
というように、大人が決めつけずに、
やっていることを
「がんばっているね。」
「よくできたね。」
とプラスの言葉をかけてあげることが大切です。

できないことを咎めることは、あまり効果がありません。
posted by nakaura at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年03月04日

勉強する子ども

子どもが勉強するようのなるには、どのような過程をたどるのでしょうか。

誰もが小さい時は、いろいろなことに興味を持ちます。
周りの大人はそれに対して、プラスかマイナスの評価をするでしょう。
大人自身の基準で、ほめたりニコニコしたり。
それを子どもは受け止めて、もっとやるでしょう。
逆に、大人にとって望ましくない、あるいはつまらないということなら、
遠ざけたり、やめさせたり、顔をしかめたり。
それを受け止めた子どもは、やらなくなるでしょう。

posted by nakaura at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年03月02日

読解力が学力につながる

教科書を正しく読むことができないということは、教科書の内容を正しく理解できないということですから、大きなハンディキャップとなってしまいます。逆に言うと、正しく理解できれば、もっと学力が上がるということになります。
つまり、読解力がなければ、せっかくたくさん勉強しても効果が少なくなってしまうということです。正確に理解するのが難しいので覚えること(暗記)これは、もったいないことです。
小学生の時から、もっと読解力がつくような教育をすることが、子どもたちの学力向上につながります。
posted by nakaura at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2019年02月24日

読解力は大丈夫か

昨年買ったAIと読解力について書いた本を読み直してみました。

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」 新井紀子 著
という本です。

最近AIが話題になっていますが、今後10年間でAIの進歩によって
半分近くの仕事をAIができるようになり、人間の仕事が奪われる。
という予想がされています。

「ロボットが東大に入学できるか」というプロジェクトを進めた新井紀子氏は
研究を進める中でAIは読解力を持たないという点に着目しながら、
大学入試の問題をAIに解くことができように進めて行きました。
このAIロボットを東ロボ君といいます。
その結果MARCH(明治大学、青山学院大学など)のレベルの大学には合格できる
というところまでAIの能力を高めました。
しかし、どうしても読解問題を解く力には限界があるようです。

読解力についても全国の中高生に調査をしています。
中学生では6割程度、高校生は7割程度が教科書を読むことができている
という結果が出ました。
つまり、残りの生徒は教科書を正しく読むことができていないということです。
これは驚くべき結果です。
posted by nakaura at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2018年11月01日

主体的な学び2

これまでは、先生が教え伝えることで授業を行い、生徒がそれを理解する一方向の授業というのが標準的な学習指導でしたが、一方的に教えても受け取る側が同じように理解していくとは限らないという問題がありました。つまり、理解に個人差があるということです。わかる子どもはわかるけれど、そうでない子どもはなかなか理解できないということです。また、わからないところがあっても先生にはなかなか質問できない子どももいるということです。

そこで、この3〜4年ほどの間で話題になっているのが「アクティブラーニング」です。これは、先生が全てを教えるのではなく、生徒が自立的に学習を進めていくものです。わからないところは生徒どうしで教え合って、わかる生徒がわからない生徒に教えていくのです。この場合、教える生徒はより深く理解が進み、教わる生徒は先生よりも友達なので質問しやすいのでわかっていくということが実証されています。

このアクティブラーニングという学習法は、今後標準的な学習・指導法として定着していくことでしょう。
教える先生が上で、教わる生徒が下という上下関係の中での学習は変わっていかざるを得ません。
この学習方法は子どもの勉強だけでなく、大人が会社などで学ぶ場合にも有効な学習方法ですので、社会に広がっていくものと思われます。
posted by nakaura at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2018年10月15日

主体的な学び

新学習指導要領では「主体的な学び」という言葉が使われています。
これは、これまでの教育では教える側(先生)が主体となって学習活動が進められていたのに対して、
生徒が自ら学習活動を進めていくような教育を目指しているということです。

その例として、アクティブラーニングという学習の仕方が、よく取り上げられています。
先生が、ある程度概要を説明したら、あとは生徒たちが自分で教科書などを読んで学習を進めていきます。
わからないところは生徒同士で教えあったり、調べたりしてわかるようにします。
極端な場合、先生はほとんど教えないということになります。

これは、これまで教えようと頑張って来た先生には、大変なことが起こってしまいます。
「教える」ということがなくなってしまうのですから。
しかし、実はここに先生が気付いていないかもしれないことがあるのです。
先生が教えたことの全てが生徒に伝わるのかというと、そうはいきません。

理解の速度は、ひとりひとり差があります。一度聞いただけでは理解できないこともあります。
逆に一度聞いただけで理解する生徒もいます。
以前に習ったことを忘れていたので理解できなかったということもあるでしょう。
言葉だけで説明されると理解しにくいという生徒もいます。
イメージ(図や写真、実物)などを使って説明すると、理解度が高くなる生徒もいます。

このように理解する速度や理解の仕方には、生徒によって大きく違いがあります。
その違いのひとつひとつに対応しようとすると、先生一人では足りません。
そこで、話し合って理解しようとしたり、わかっている生徒が分かっていない生徒に説明したりすることで
学習活動を進めるのが、「アクティブラーニング」ということになります。

また、先生に質問するのは生徒にとってはハードルが高いということもあります。
生徒どうしのほうが質問しやすいということもあるのです。

このアクティブラーニングのよさについては、また次回書きます。
posted by nakaura at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2018年08月29日

これからの教育

この2〜3年で「主体的・対話的で深い学び」というテーマが教育の中で議論されるようになりました。
少し専門的な言葉も使いますが、私なりの考えを書きます。

OECDではPISAによる学力テストが始まった2000年頃から、
知識習得よりも「読解力・数学的リテラシー・科学的リテラシー」が重視されています。
つまり、簡単に言えばたくさん知識を持っているとか問題の解き方を知っているというのが
これまでの「学力」ということでしたが、
これからは「知識を持っている」「やり方を覚えている」というのではなく、
資料やデータを「どう読み取り」「どう活用して行くか」という能力を育てていこうとしています。

これまでは、覚えているということで、受験に合格したり、会社に入ったりという、
「試験」合格することができましたが、コンピューターやAIの進化により、
覚えていることや決まった形の処理・作業は人間が行う必要がなくなって来ます。
そこで人間に必要な能力は「AIなどにできないこと」となります。

これからの教育が短期間で変わらざるを得ないと私は考えています。
posted by nakaura at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育