2022年05月13日

10か月ぶりです。

10か月以上ブログを留守にしていました。

昨年以降、新型コロナの秋の第5波、今年1月からの第6波と、
みなさん不自由な思いをされた方が多いと思います。
私もブログの更新ができずにいました。

さまざまな業種で大変な思いをされている方が多い中
この2年間の間、なんとか中浦教室を維持できたことは運が良かったと思います。
通ってくれた子どもたちと保護者の方に感謝いたします。
ありがとうございます。

5月の連休中に看板を取り替えました。
中浦教室の名称を一部変更しましたので、それとともに看板を作り直したのです。
「学習塾 中浦教室」から「学びRoom 中浦教室」と変わりました。
大きな変更はありませんが、子どもたちが自ら楽しく学ぶことができるように
という思いを込めました。
かたちにとらわれずに、一人ひとりが自分の学びを身につけて欲しいと
望んでいます。
sign.jpg

これからもどうぞよろしくお願いします。
posted by nakaura at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月28日

暑い夏

2021年夏。
今年の夏は暑い。

6月から30度を超える日が多くなっていますが、
7月に入っても暑い日が続いています。
道東では、35度を超えるような猛暑日は少ないですが、
例年よりも暑いです。
記憶の限りでは、いちばん暑い中標津の7月です。
コロナの感染が拡大傾向にあります。
健康に気をつけて、この夏を乗り切りたいですね。
posted by nakaura at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月13日

コロナ禍の中の教育

5月中旬から行っていた中浦教室のオンライン学習は、北海道の緊急事態宣言解除
とともに終了しました。

普通にやってきたことができなくなることの不自由さやこれからどうなっていくのか
ということを考えさせられました。また、世の中のあり方も変わっていくのだろうと
実感します。

教育の世界は以前のままでやっていこうとする流れもあります。
教科書の改定にともなって学習する内容がかなり増えていることを感じております。
新学習指導要領では「対話的な深い学び」を目標にしていますが、
実現することがなかなか追いついていないのではないでしょうか。
posted by nakaura at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月14日

もう5月です。

いつの間にか5月になってしまいました。
3月から4月は新年度の準備などでこちらの投稿が滞っていました。
新しく入塾してくる子どもたちとのやりとりが少しずつですが、スムーズになって来ました。
前年度も受験生が皆がんばってくれてそれぞれの結果を残すことができたと感じています。現在もコロナの感染が拡大していますので、感染予防に気をつけつつ、子どもたちのサポートをしていきます。
もしもに備えてオンライン指導の準備を進めています。

現在も新規生を募集しています。まずは、ご相談ください。

どうぞ、よろしくお願いします。
posted by nakaura at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年03月06日

合格おめでとう!

今日、北海道大学の前期日程の発表がありました。
1名合格です!
北海道大学 保健学科看護学専攻

今年度は大学入学共通テストの導入や新型コロナウイルス感染流行など、
さまざまな逆風の中受験生たちががんばってくれています。
3月6日現在の高3生の合格校を載せます。
 札幌医科大学 看護学科
 日本医療大学
 天使大学
 北海学園大学
 札幌大学
 勤医協札幌看護専門学校

昨日、公立高校の入学試験も終わって、すべての受験が終わりました。高校入試については後日報告します。

高3生と中3生のみなさん、大変お疲れ様でした。
posted by nakaura at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月28日

マスクの1年

2月末で、受験生の指導が終わりました。
この1年はマスクをしたままの学習指導でした。
新型コロナウイルスの感染防止のためでしたが、マスクをしての意思疎通は困難がありました。
声が聞こえづらいとか、声が伝わらないということだけではありません。
表情が見えづらいというのは伝わったかどうかがわかりづらいということでもあるのです。

そんなもどかしさを感じながらの1年でした。
先日、ある生徒が塾に来る最後の日に思ったことがあります。
昨年の春から塾に来てくれた生徒は、
塾に来た時から最後まで、ほとんど素顔を見ることなく接して来たのだと気付きました。

なんだか寂しいものです。
いつか、お互いマスクをすることなく元気にがんばっている姿を見たいですね。
posted by nakaura at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月24日

長かった?1年

昨年の学校の一斉休校となってから2月27日で1年となります。
学校で働く先生たちも、私たちのような民間の教育者の方たちも
本当に大変な1年だったと思います。
そして、誰よりも大変だったのは、子ども達なのでしょう。
中にはさまざまな事情で学校に通えなくなった子どももいます。

新型コロナウイルスの性質が研究されどのように対処すべきかということが
わかってきていますが、決定的な治療法や予防法はまだ確立されていません。
国内である程度落ち着くには今年1年かかるのではないかと思います。

明日は、国公立大学の個別試験・前期日程が行われます。
来週は、公立高校の入試です。
受験生のみなさんは、大変な状況の中受験に向けてここまで頑張って来ました。
ぜひ、無事に受験を終えて、志望校に合格できることを祈ります。
posted by nakaura at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月19日

新しい年を迎えて

新年あけましておめでとうございます。
2021年という新しい年を迎えることができました。
(新年の挨拶としては、かなり遅くなりました。)

2020年は新型コロナウイルスの世界的流行で大変な年になってしまいました。
年は変わりましたが、状況はむしろ悪くなっているようです。
好材料としては、
1.ワクチンの接種が始まったこと
2.この1年のうちにウイルスの実態がわかって来たこと
  ある程度の予防方法と治療方法がわかってきました。

まだまだ、終息には時間がかかると思いますが、
いつか落ち着くのは間違い無いでしょう。
100年ほど前の「スペイン風邪」では、終息までに3年ほどかかったそうです。

どうぞ、みなさん健康に気をつけて1年をお過ごしください。
posted by nakaura at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月06日

暗いニュースの中、明るい報告

コロナウィルスが毎日の話題のようになっています。
北海道は、数字では都道府県の中でいちばん感染者数が多いので、緊急事態となってしまいました。
しかし、実際にはどうなのでしょうか。若い人たちは感染してもほとんど症状が出ない場合も
あるということです。
ということは、もっと多くの人が感染しているかもしれません。
そのように指摘している専門家の人もいるようです。
もしかすると、もっと感染者がいる地域で数字に出ていないものもあるかもしれません。

そんな中ですが……。
今週は国公立大学の前期日程の合格発表がありました。
千歳科学技術大学 1名
釧路公立大学   1名
見事合格です。
高2の時から、受験する大学の受験科目に絞って学習を進めたことが結果となって現れました。

来年から大学入学共通テストに変わります。
高2から進路に向けて取り組むことが大切です。
posted by nakaura at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月24日

新型コロナウィルス

道内でも感染が確認されている新型コロナウィルス。
初期というよりは、感染が拡大していると考えたほうがいいでしょう。

このような時、人が集まる場所はなるべく避けたほうがいいですね。
また、予防として言われているのは、マスクをつける。手を洗う。
アルコールで除菌する。
このようなことを積み重ねることが大切です。
塾でも、できるだけのことはしていこうと考えています。
もっと流行して来たら、一時休業ということにもなることも想定しています。

道内の20代の学生が重体になっているということですが、
感染されたみなさんの回復を祈ります。
posted by nakaura at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月15日

あけましておめでとうございます。

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。

昨年は、大学受験の新制度が混乱して、現在の高校2年生はかなり不安な気持ちになったことと思います。
民間英語検定と記述問題の出題は見送られましたが、大学入学共通テストはセンター試験とは出題形式が変わりますので、新たな対策が必要です。

今年はセンター試験最後の年です。
どうぞ高3生・高卒生の皆さん、がんばってください。
posted by nakaura at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月11日

10年後の地域の未来 教育と地域経済

前回、教育が地域にできることを書きました。
教育が地域経済とどうつながっているかを考えてみましょう。

地域の中学生のなかで、都市部(中標津で考えると、札幌や釧路)の高校に
進学する生徒が1人いるとします。
高校の授業料は別に考えるとして、住居費や食費などの生活費が仮に6万円程度
とします。そのほかに娯楽などのお金、また、塾などに通うことも考えます。
そうすると、月に8万円程度は住んでいる町でお金を使うことになります。
1年間にすると96万円ということになるでしょう。約100万円とします。
(実際には一人ひとり違いますので、その違いは考えないことにします。)

そうすると、生まれた町あるいは実家のある町で使われるお金が
進学先で使われることになります。3年間では300万円程度となるでしょう。

今回、道教委の発表でありましたが、中標津高校の募集人数が2年後から
1クラス減(40人減)ということになりました。
これは、中標津高校で働く教員が減るということにつながります。
教員1人が500万円程度の年収があるとして、そのうち300万円
程度を町で使うとすれば、3年間で900万円程度の合計になります。
もし、1クラス減によって3人程度教員が減るとすれば3000万円
程度の町での消費がなくなるということになるでしょう。

もちろん、札幌や釧路の高校にどうしても進学したいという生徒さんに
それは良くないというつもりはありませんが、
町で使われるお金という視点で見るとこれだけの影響もあるということ
です。

ちなみに、有名な東進衛星予備校は30年ほど前から衛星通信によって
地方の塾でも東京と同じ授業を受講できるということで、全国に
広がっていった経緯があります。
つまり、地方の塾がシステムを導入することで、都市部の進学校に
進学しなくても、地元の高校に通いながら有名大学や難関大学を
めざすことができるようになったということです。
posted by nakaura at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月01日

時代が変わりました。

平成から令和へと時代が変わりました。
しかし、昨日と今日の間に大きな変化はなく、また毎日が続いていきます。

時代とともに変わるべきものと変わらない方がいいものとがあります。
平和。やさしい社会。学問の大切さ。
これらは変わらない方がいいですね。

しかし、
昔から続いている望ましくないものは変わっていった方がいいですね。
質よりも量だけを重要視する考え方は変わった方がいいです。

これからは、AI時代。
以前にも書きましたが、これまであった仕事の多くがなくなっていくそうです。
それに対応できるように、量より質が求められるでしょう。
人口も減っていくので、大量消費もなくなっていくことでしょう。
じっくり考える必要がありますね。
posted by nakaura at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月03日

新年度スタート

4月に入りましたが、まだまだ寒い日が続いています。
塾では、高校入試の後からもう新年度となっていますが、
学校や公共機関では4月から新年度がスタートしました。

今年は、小学校の英語が教科となり、
来年度の大学入試共通テストも控えていて、教育の世界も大きな転換点となりそうです。

小学校から英語を教科として学習するということは、
小学5年生から高校を卒業するまでの8年間の長い期間で学習することになります。
学習する期間が長くなることは良い面もありますが、
その一方で、小学5年生から差がついてしまう、あるいは英語が苦手になってしまう
というマイナスの面が出て来るでしょう。

今まで中学1年生でやっていた内容を、小学5・6年生で学習することになるそうです。
posted by nakaura at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月24日

新生活を迎える方、どうぞ健康に気をつけてください。

3月も下旬ですね。卒業生の皆さんは、春から新しい生活が待っていますね。
新しい街で楽しい生活が待っているという期待がある反面、親から離れて一人で生活を始める不安があるかもしれませんね。
忙しい毎日になるかもしれませんが、十分に休息と睡眠をとって体を休めましょう。
環境が変わると体調も不安定になります。どうぞ、健康に気をつけてください。
posted by nakaura at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月19日

うれしいお知らせといえば

IMG_2900.JPG
うれしい知らせといえば、1年ほど前の3月でした。

とつぜん、塾のチャイムが鳴って、
出て見ると7年前に薬科大学に進学した生徒でした。
見るからに嬉しそうな表情です。

「久しぶりです。」
「薬剤師の国家試験に合格しました。」
「えっ本当?やったねー!すごい!」
確か、卒業と同時に国家試験に合格できずにいて、
2回目の挑戦で合格したように覚えています。
(もし違っていたらごめんなさい。)

4月から大手の薬局に就職ということでした。
5年ほど、音信不通になっていたので、どうしているかなあ、と
思い出していた頃でした。
posted by nakaura at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

うれしい知らせ…

この時期、新年度の準備で忙しいのですが、
そんな時にうれしい知らせが入って来ることがあります。

10日ほど前には、釧路の高校へ進学した生徒から
突然電話が入りました。

「先生、Gです。覚えていますか?」
「はい、わかりますよ。」
「先生。……合格しました。」
どこに合格したのか聞き取れなかったので、
「もう一度言ってもらっていいですか?」
「北大に合格しました!」
「やったねー!おめでとう!!!学部はどこですか?」
「総合理系です。」
3年ほど前に塾に来ていた時には、とても実力がある生徒だと感じていましたが、
本当に北大に合格してしまいました。

塾をやっていてうれしいことの一つが、
このようにしばらく連絡のなかった生徒から、連絡が来ることです。
大学に合格したとか、大学院に進学することになったとか、
就職することになったとか。
本当に嬉しいものです。

塾をやっていてよかったと思える瞬間です。
posted by nakaura at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月15日

2月はあっという間

毎年のことですが2月はあっという間に過ぎていきます。
月が変わって急に寒くなったと感じていたら、もう半月ほど経って
週末から暖かくなりそうです。

月初に塾関係の勉強会があって参加して来たのですが、
大学受験が大きく変化しています。
1つ目は首都圏の受験状況が変わっていること。
2つ目は2021年入試によって、受験対策が大きく変わろうとしていること。

文科省の方針により首都圏に集まる学生数が抑制されています。
その結果として、難関大学の出願者数が減り、中堅大学の倍率が高くなっています。
ひとことで言うと首都圏の大学が難しくなっているということです。
首都圏の大学を受験を考え場合は、情報を集めてしっかり対策する必要がありそうです。

また、2021年度入試から始まる大学入試新テストでは、試験内容が大きく変わります。
特に英語は、外部検定(英検、TOEIC、GTECなど)の受験が必要な場合があります。
これらの試験では、4技能(読む、聞く、書く、話す)の出題があります。
高3の4月〜12月に2回まで受験することになるそうです。
そのほか、新テストでは国語や数学には記述式問題が出題されます。

このように、大学入試が大きく変わろうとしていますので、
正しい情報を集めることが非常に大切となって来ます。
posted by nakaura at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月10日

今年もよろしくお願いします。

みなさん、あけましておめでとうございます。
平成最後の年が明けました。
これから1年間地域の子ども達がよりよい学習ができるように
全力を注いでいこうと考えています。
この2〜3年の間で学んで来たことを生かして行けるように
塾の体制を改革していこうとかんがえています。
1年間どうぞよろしくお願いします。

いよいよセンター試験が迫って来ました。
あと1週間ほど全力でがんばってほしいと思います。
それぞれが自分の目指す学校に合格できるように祈ります。

sunrise.jpg
posted by nakaura at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月29日

年の瀬に

今日で年内の塾は終了しました。
11月には推薦で多くの生徒が合格を決めました。
「推薦ではなく一般入試でなくては」という考え方もあります。
確かに、推薦入試の場合はペーパーテストによる「学力」の試験はありません。
しかし、一定の推薦基準もありますし、ペーパーテストだけでは測れない学力もあります。
いずれの方法で入学しても入学後に大学の授業についていけなければなりません。
それは、推薦入試でも一般入試でも同じことです。
また、大学で単位を修得して卒業できれば、卒業後は同じ大卒です。
行きたい大学に努力して入学し、そして、卒業できれば、
一般入試でも推薦入試でもよいのではないでしょうか。
実際、AO入試や推薦入試で大学に合格して、その後大学院に進んだ生徒もいます。
ある生徒はAO入試で国立大学へ進学して、東京大学の大学院の博士課程に進学しています。

昨日と今日、今年最後の塾が終わって帰る時に
「今年1年お世話になりました。来年もよろしくお願いします。」
という挨拶をしてくれた生徒がいます。とてもうれしい気持ちになりました。
ありがとうという気持ちともに
よし!来年も頑張ろう!!という気持ちになりました。

ことしもお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
posted by nakaura at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記