2022年06月01日

子どもにはアナログが大切

この10年でデジタル機器が生活に入って来て、タブレットやスマホなどを
使うことが日常的になっています。
社会もDX(デジタルトランスフォーメーション)ということばのもとに
デジタル化が進んでいます。

でも、人間の思考、特に子どもの生活は実物とのやりとりを欠かすことはできません。
プログラムに沿って考えるわけではなく、見たり触れたりして直感的に
考えています。
大人になると一定程度の社会共通の認識を持っていますので、
デジタル化されたものが便利なので使うことで、日常生活や仕事などば便利になります。

子どもの学びには、紙に鉛筆で書く、実際に触れてみる、目の前の人と会話する、
ということが大切で不可欠なのです。
学習を全てタブレットのようなデジタル機器にまかせてしまうわけにはいきません。
posted by nakaura at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189572835

この記事へのトラックバック