2020年09月03日

「主体的な活動」とは

9月に入って涼しくなるかと思っていましたが、まだしばらく残暑が続くそうです。
一時は、夏が来ないのではないかというほど涼しかったのですが、
8月には、極端に蒸し暑い日と涼しい日が繰り返されていたように感じます。
やや涼しくなりましたので、この時期にゆっくり休んで体調を整えましょう。

ツイッターで、東洋経済オンラインに掲載された全日本バレーを経験された方の
記事が紹介されていましたので紹介します。(ツイッターから「東洋経済オンライン」につながります。)
https://twitter.com/i/topics/news/e-1609710743?cn=ZmxleGlibGVfcmVjcw%3D%3D&refsrc=email

現在は「令和」の時代ですが、スポーツ界にはまだ昭和のスタイルが残っているようです。
学生時代に受けた指導が、40歳、50歳になってからも影響していくということがわかります。
スポーツはplayするものです。「play」とは「遊ぶ」という意味ですから、
苦しくなってはいけないはずです。
新学習指導要領では「主体的な学び」をすることになっていますが、
厳しく指示されたり、怒られたり、長時間のきつい練習をするような、
スポーツ指導には、主体的な学びは決して存在しません。
posted by nakaura at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187870997

この記事へのトラックバック