2020年06月12日

学校が長期休校となって見えてきたこと 1

約3か月の休校期間を経て、学校の授業が再開されました。
今回のことを通して見えてきたことがあります。

学校が再開されて、子どもたちは以前の生活を取り戻そうと
しているように見えます。
また、休み期間中に自宅で学習したことを理解しているかどうか
確認するために毎日のようにテストを受けていました。
今週で、その確認テストもひと段落したようです。
学校の先生たちには、それが求められていますので、
「ひと通り授業をすること」と「テストをすること」をしようとします。

日本の教育システム上はこれが通常なのですが、
実際、このようにすることは必要なのでしょうか?
今回の新型コロナウイルスの感染拡大という出来事の以前は
毎日授業があって、テストを行うということで
学校の教育が進んで来ました。
もちろん、もっとさまざまな教育活動が行われていますが。
わかる子はわかるようになっていき、
そうでない子はそれぞれの状態で学校生活が進んでいきます。

極端な例ですが、学校に通わなかった場合はどうなるでしょう?
通常、不登校であっても中学は卒業できます。
そして、通信制高校を卒業すれば、大学にも進学できます。
高卒認定試験に合格しても、大学に進学できます。
一般的な高校のような毎日の授業を受けなくてもいいのです。
そして、社会に出ていくことができます。

一般的な中学校を卒業したからといって、
同じレベルの学力を保証されるわけではありません。
では、学校に通って生活することには、どういう意味があるのでしょうか?
ひと通り授業を終えることが本当に必要なのでしょうか?

なんとなくコロナ以前の教育に戻るのはもったいない気がします。
動画を使った授業や、オンライン授業など多様な教育方法が
生まれ始めたように思います。
posted by nakaura at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187590078

この記事へのトラックバック