2019年04月14日

北海道アクションプラン1

昨年から、「学校における働き方改革『北海道アクション・プラン』」というのが
スタートしました。

これは、文部科学省や厚生労働省の方針に沿って北海道教育委員会が3年間で進める
学校の教員の勤務時間軽減の政策です。
教員の1週間あたりの勤務時間を60時間以内に抑えようとするものです。

具体的な内容は、
1.部活動の休養日を設ける。
2.部活動の活動時間の短縮。
3.学校閉庁日を設ける。
というものです。

昨年度は
1.毎週1日以上休養日を実施。月に1日以上土日祝日を休養日にする。
2.部活動の活動時間は、平日2〜3時間程度、土日は半日程度とする。
3.年末年始6日間、夏期休業期間は3日間は完全に休養日とする。
となっていました。

部活動の休養日は、教員のためにも生徒のためにも絶対必要で、
ゆとりをもった活動をすることができます。
長時間の練習はケガや事故につながりますので、とても重要なことです。
教員の教科指導の準備の時間確保にとって必要なことです。

昨年度は、どれくらい達成できたのでしょうか?
posted by nakaura at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185860118

この記事へのトラックバック