2021年07月28日

学習には対話が必要なのです。

塾で映像授業を取り入れて11年経ちます。
生徒とマッチすればとてもよい教材になります。

わからない教科の復習をする。
高校の授業より先に進みたい教科を学習する。
高校で選択していない教科を独自に学習する。

ある程度基礎が身についていれば、すぐに成績につながる場合もあります。
3〜4か月経ってから急にできるようになることもあります。
そうは言っても、必ず会うというわけではありません。
教科の学習は、その教科の知識だけで理解できるものではないのです。
当然と言えば当然ですが、
「文章を正しく読める」
「学年相当の語いをもっている」
「簡単な計算がすぐにできる」
「小学校の算数を算数以外に応用できる」
このようなことがスムーズにできてはじめて、ある教科の内容が理解につながります。
つまり、小中学校の国語や数学を(暗記ではなく)理解している必要があるのです。
この10年間でたくさんのAI教材を目にするようになりました。
タブレットを使って家庭で学習する教材もたくさんあります。
自宅での勉強がしやすくなったと言えます。

数学の学習でわからない問題があった時の「わからない理由」が
文章読解、算数の知識、計算力など、どこにあるのかがわかると
よりよい学習につながります。

小学生の時に、算数がわかるようになることをあきらめていた子どもが
2〜3学年さかのぼって学習することで6〜7割の点数を取れるように
なった例もあります。
一方で、塾に通って3年以上も経って、高3で成績が伸び始めることもあります。

AIは、子どもの特性をつかんで、他の教科の学習にもつなげるということまでは
なかなか難しいようです。
やはり、人間が問題集やAI教材、映像授業など、子どもと対話しながら
その子に会った学習方法を見つけてあげることが必要なようです。
posted by nakaura at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

暑い夏

2021年夏。
今年の夏は暑い。

6月から30度を超える日が多くなっていますが、
7月に入っても暑い日が続いています。
道東では、35度を超えるような猛暑日は少ないですが、
例年よりも暑いです。
記憶の限りでは、いちばん暑い中標津の7月です。
コロナの感染が拡大傾向にあります。
健康に気をつけて、この夏を乗り切りたいですね。
posted by nakaura at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記