2019年12月03日

なんのための大学入試改革なのか

久しぶりに記事を書きます。

大学入学共通テストの、民間英語試験の導入が延期になって1か月経ちました。
今度は、記述試験の導入にも異議が出て来ました。
これまで国公立大学では、1次試験でマーク式、2次試験で記述式のテストを
行なってきました。ですから、新たに1次試験に記述式を導入する理由があった
のかどうか疑問です。

大学入学共通テストは大学入試改革の中で議論が進んできたことです。
何を改善する必要があるのでしょうか?
きっと、教科書の知識を覚えるだけではなく思考力を重視しようというのが、
目的の一つではないかと考えます。
これは、テストで測るのは難しいでしょう。
そもそも、テストはある基準に基づいてその能力や理解度や記憶しているか
どうかを測るものでしょう。広い思考力を試験するならかなり長時間の試験や
口頭による試験も行わなければ、わからないでしょう。

高校入試も大学入試も、入学するところで選抜しようとしていますが、
入ってからの教育を充実させる方が重要なのではないでしょうか?
入試に時間や予算を使うよりも、入学後の教育に力を注いだ方が
生産的だと言えるのではないでしょうか?

もし、そこでついていけない、あるいは合わないということになったら、
進路を変更できるように教育制度を変えれば、学生も困ることが少なくなる
でしょう。
posted by nakaura at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校生