2019年11月04日

首里城の火災

先週10月31日の沖縄県那覇市での首里城の火災はとてもショックでした。
ニュースの映像を見ていて、信じられないという気持ちと悲しい気持ちで
いっぱいになりました。

12年前に旅行で訪れた時は、
世界遺産に登録されているということで観光気分で訪れたのですが、
その後、沖縄に関するさまざまな本を読んで、沖縄について知っていくと
琉球という国が日本に吸収されてからの沖縄の人たちの苦労がわかります。
(このようなひとことでは説明しきれないことですが)

首里城は、沖縄の人たちと文化の象徴となっているのだと思います。
1日も早く首里城の再建されることを願います。
posted by nakaura at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校生

2019年11月01日

民間英語試験は延期

今朝、初年度は利用しないということが文科省から発表されました。試験会場の数の少なさ、試験会場から離れた場所に住んでいる生徒の負担、試験の準備の遅れを考えると、当然のことと言えるでしょう。
民間の試験業者、高校の先生たち、そして高校生たちのこれまでの準備の負担を考えるととても残念な気持ちになります。以前にも書きましたが、なぜ今まで問題にされてこなかったのでしょう?
文科省にすべてを任せっきりというのではなく、国民全体が、特に学校関係者の方が意見や考えを表現して関わっていくべきなのではないでしょうか?
posted by nakaura at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校生

何のための試験なのか?

10月が終わりました。

以下は、今週の初めに書いて投稿する準備をしていた記事です。
(11月1日現在では、初年度は民間の英語の試験の利用はなくなりました。)

大学入学共通テストは、道内の国公立大学はほとんどが利用することになったようです。とはいっても、多くが共通テストに加点もしくはCEFR A2程度で出願条件としていようです。(CEFR A2は準2級合格程度)
合否に大きく影響することはないと思います。しかし、共通テスト以外の英語のテストを受験しなければならないとすれば、金銭的な負担が増えることになります。
ここで問題になるのが「公平性」ということになりますが、これはなかなか難しい問題だと思います。センター試験では全員が同じ問題を解答していましたが、そもそも通学する学校のレベルや授業内容が同じではありません。塾などに通うことができるかどうかも、家庭によって差があります。
そのような教育の格差があるなかで、受験の基準だけを同じにすることが、「公平」といえるのでしょうか?

このような記事を掲載しようと思っていましたが、
試験の準備もうまく進んでいなかったということです。
posted by nakaura at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校生